munin でMariaDB(MySQL)の監視

2016-11-18

munin で、MariaDB(MySQL)の監視する方法を紹介します
事前にmunin がインストールされている事が前提条件です。まだインストールされていない場合は「munin 2.x系 インストール」を参考にしてインストールしてください

munin-node編集

munin-nodeを編集して、MariaDB(MySQL)の設定を行います。パスワードは環境によって変更してください

# vi /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node
[mysql*]
env.mysqladmin /usr/bin/mysqladmin
env.mysqlopts -u root -p[パスワード]

MariaDB(MySQL)プラグイン追加

下記のコマンドでシンボリックリンク追加します

# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_bytes /etc/munin/plugins/mysql_bytes
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_queries /etc/munin/plugins/mysql_queries
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_slowqueries /etc/munin/plugins/mysql_slowqueries
# ln -s /usr/share/munin/plugins/mysql_threads /etc/munin/plugins/mysql_threads

munin-node 再起動

CentOS 6.x

# /etc/rc.d/init.d/munin-node start

CentOS 7.x

# systemctl restart munin-node

動作確認

5分ほどしてからmuninのWEB画面にアクセスしてMySQL関連が追加されていればOKです

関連記事

munin 2.x系 インストール
munin 2.x インストール動的設定
munin でMariaDB(MySQL)の監視


(旧バージョン)
munin プラグイン追加 【apache】
munin インストール

スポンサーリンク