Linux, プログラミング

指定したファイルのタイムスタンプを取得する方法

指定したファイルの日付・時間等のタイムスタンプを取得するには「date」コマンドを使用すれば取得できます
取得するタイムスタンプの日付等のフォーマットは、dateコマンド

Linux

Keep-Alive について

Keep-Aliveは、WEBサーバーとクライアント(ウェブブラウザ)の通信時にHTTP通信を切断せずに、HTTP通信を送受信する仕組みです。WEBサーバーでは同一サーバーに画像、Javaスクリプトファイ ...

プログラミング

複数行あるHTMLタグをヒアドキュメントを使って出力する

phpでHTML分を出力する場合、ヒアドキュメントを使うと便利です。
下記が簡単なサンプルです
ブラウザでアクセスすると以下のような感じで出力されます

プログラミング

error_log関数でエラーログを出力

エラーログなどを任意のファイルに等に出力する場合は「error_log」関数を使用すると便利です。error_log関数は任意のメッセージをログファイルに出力したり、メール送信できます

Linux

概要

CentOS 6以降、fstabでパーティションをマウントポジションなど設定する時にUUIDが設定するようになっています。OSをインストール時に自動でUUIDは設定されるので普段は意識しなくても大丈夫ですが、ディスクを増設したとき ...

プログラミング

array関数で配列を初期化する

array関数を使用して、PHPの配列を初期化します。使い方は簡単は、$array = array() のように使います
簡単なサンプルでは、配列に値を挿入しています。その後array

Linux

muninにphp-fpmのリソース監視

php-fpmで使用しているメモリ、子プロセス数などを視覚的にわかるようにmuninにphp-fpmをグラフを追加します。php-fpmのメモリ、子プロセスを表示するのが目的ですので、php-f ...

Linux

ApacheからNginxに変更したらサーバーが定期的に落ちる

VPSをサーバーをLightsailに変更した際に、Apacheを使っていたWEBサーバーをnginxに変更しました。始めは問題なく動作していたのですが、しばらくするとNe ...

Linux

Swapの使用率を確認する

Linuxで物理メモリを使い切るとswap領域を使用します。今のメモリ状況は「free」コマンドで確認できます。
下記では、「-m」のオプションでメモリの量をMB単位で表示しています。

Linux, プログラミング

シェルスクリプトを実行すると「$’\r’: command not found」のエラー

シェルスクリプトを作るときはAtom等のエディタで作ってSCPでアップしていました。macOSからWindowsに変更して ...

Linux

Basic認証とIP制限の併用でIP制限が効かない

BASIC認証とIP制限を併用しているサイトが合って、特定のファイルのみIP制限したいとの要望があって「.htaccess」に設定を入れても、IP制限が全く効かなかった。

Linux, プログラミング

概要

mysql関数を使ってphpからMySQL接続はphp5.5以降は非推奨となり、MySQLへの接続は「mysqli」か「PDO」になりました。

この「mysqli」と「PDO」を利用してPHPからMySQLへの接続方法 ...

Linux

概要

NginxサーバーにphpMyAdminをインストールする方法を説明します。インストールするにあたって下記のパッケージのインストールされている環境として説明します

nginx
php
php-fpm
mys ...

Linux, プログラミング

シェルスクリプトで関数の場所を間違えると「command not found」になる

関数を使ったシェルスクリプトで関数の呼び出す場所は、定義した関数より前に書くと「command not found」や「Main: コマンドが見つかり ...

Linux, 仮想化

概要

Amazon Lightsailの最小プランで作成したインスタンスを、メモリが1GBあるインスタンスにスケールアップしました。Amazon Lightsailのスケールアップはそのインスタンス単体ではスケールアップできません。