ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

munin 2.x インストール 動的設定

      2016/11/18 この記事は約2分で読むことができます。

munin 2.0系の新機能として、CGIによって動的に生成することもできます。
以前は、5分毎にグラフが生成されていて監視ノードが多くなると、5分おきに負荷があがる懸念がありました
このグラフの動的生成を利用すると、muninのWEBページにアクセスがあるとグラフが生成されてるのでエコでサーバーの負荷も少なくなります

今回の手順は、前回に紹介したmunin 2.x系のインストール作業を済んでいる条件とします
munin 2.x系 インストール

munin.conf設定

htmlファイルもgraphを5分ごとのcronから、cgiで動的に生成に変更

apache設定

動的生成の場合、Apacheのmod_rewrite機能をしようしているのでその設定をApacheに設定します、この設定では「munin.hoge.com」URLを使用しています

mod_fcgidをインストールします。インストールされている場合は不要です

apacheを再起動すると反映します

CentOS 6.x

CentOS 7.x

関連記事

munin 2.x系 インストール
munin 2.x インストール動的設定
munin でMariaDB(MySQL)の監視


(旧バージョン)
munin プラグイン追加 【apache】
munin インストール



 - Linux , ,