PowerShell をPowerShell 7にバージョンアップする

PowerShell 7 について

Windows11で標準で搭載されている「PowerShell 」ですが、このPowerShell を最新版の「PowerShell 7」にバージョンアップする方法を紹介します。PowerShell 7.2では、下記のような機能がが追加されています「PowerShell 7.2 の新機能

  • サポートされているほとんどの Linux ディストリビューション用の新しいユニバーサル インストーラー パッケージ
  • Windows での Microsoft Update のサポート
  • 2 つの新しい実験的機能
    • ネイティブ コマンドの引数の受け渡しのサポートの向上
    • ANSI FileInfo の色のサポート
  • タブ補完の強化
  • 予測 IntelliSense での PSReadLine 2.1
  • メインストリームに昇格された 7 つの実験的機能と、削除された 1 つの機能
  • 将来の機能強化を可能にするための、PowerShell 7 からの DSC の分離
  • 使いやすさ向上のためのいくつかの破壊的変更

PowerShell 7 ダウンロード

1.「スタート」→「ターミナル」の順にクリックします

2.PowerShell を起動すると、下記のメッセージが表示されています
「新機能と改善のために最新のPowerShellをインストールしてください!https://aka.ms/pswindows」

3.メッセージ内の「https://aka.ms/pswindows」のURLを「Ctrl」ボタンを押しながらクリックします

4.URLをクリックすると、PowerShell7への移行のページになります。画面の少し下にスクロールして「インストール更新プログラム」内にある「Windows」をクリックします

5.画面が遷移後に、少し下にスクロールして「MSIパッケージのインストール」内の「PowerShell-7.2.4-win-x64.msi」をクリックしてダウンロードします

PowerShell 7 インストール

1.ダウンロードした「PowerShell-7.2.2-win-x64.msi」をダブルクリックしてインストラーを起動します

2.インストラーを起動するので、「Next」をクリックして先に勧めます

3.基本は次へを順に選択すればいいですが、「Optional Actions」だけ、下記のようにチェックしました。
デフォルトより追加したのは、PowerShellをパス環境変数追加と、Windowsイベントログマニフェストを登録する項目です

4.後は特にデフォルトのままに「Next」を押してインストールできます

5.インストール後にPowerShell を起動すると、PowerShell 7.2.4 にアップグレードできていました

 

スポンサーリンク

0
0

Windows11Windows11

Posted by admin