Zabbix インストール

CentOS 7.x Zabbix 4.4 インストール

運用管理しているサーバーで監視ソフトウェアの「Zabbix」で入れてサーバーの監視をおこないまいした。その際のインストールメモです

事前にApache等のWEBサーバーとMySQL等のDBはインストール済で、初期設定を済ませておいています

Zabbix 4.4 の yum リポジトリの登録をします。OSはCentOS 7.xですので違うバージョン等はリポジトリのURLを変更して下さい

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.4-1.el7.noarch.rpm

Zabbixの関連パッケージインストールします
# yum clean all
# yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent

ZabbixのDBとユーザー登録をおこないます。DB及びユーザー名は以下としています

  • DB名: zabbix
  • ユーザー名: zabbix
  • パスワード: S24mnx5dke8

# mysql -uroot -prad31cdk6
mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'S24mnx5dke8';
mysql> quit;

Zabbix 用のデータベーススキーマとデータをインポートします
# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix

DBのパスワード設定します
# vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=S24mnx5dke8

Apache設定でZabbixで使用する タイムゾーンを日本に設定します
# vim /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
<IfModule mod_php5.c>
	php_value date.timezone Asia/Tokyo
</IfModule>

設定を変更したらApacheを再起動します
# systemctl restart httpd

Zabbix サーバーの起動と自動起動設定
# systemctl start zabbix-server
# systemctl enable zabbix-server

Zabbix エージェントも起動しておきます。
# systemctl start zabbix-agent
# systemctl enable zabbix-agent

Zabbix の初期設定をおこないます
ブラウザで下記URLを開き、初期設定を開始します。画面の指示に従えば初期設定が完了します
※ IPアドレスはご自分の環境に読替えてください

http://<IPアドレス>/zabbix/

「Next step」をクリックします。

スポンサーリンク