ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

Ubuntu10.10 初期設定

      2017/01/04 この記事は約3分で読むことができます。

概要

仮想環境は、ESXiを利用していたが、諸事情によりKVMに移行することにしました。OSは、Ubuntu 10.10を利用します。

インストール時の初期設定のメモを一旦書き留めておきます

Dropboxを導入

(1)Dropboxパッケージのダウンロード

dropbox のHPより、ubuntuのパッケージ(nautilus-dropbox_0.6.4_amd64.deb)をダウンロード

(2)Dropboxパッケージのインストール

firefox で標準ダウンロード先に移動

パッケージをインストール

アプリケーション → インターネット → Dropbox で、個人アカウントのインストールをおこなう

ユーザーディレクトリを英語表記にする

通常では、ホームディレクトリ(/home/)に “ドキュメント”・”デスクトップ”・”ダウンロード” にディレクトリが作成されるが、これらを英語表記にする。

端末で以下を実行する。

画面にダイアログが表示されるので、任意に選択する

vim インストール

vi からカラー表示ができる vim に変更する

(1) vimのインストール

(2)vi でvim 起動するをするように変更

'alias ll=ls -al' とか書いてある付近追記

(3)vi でvim 起動するをするように変更(ユーザー追加時用)

ユーザーを追加した時に同じ設定になるように、以下も同じように変更

bashのカスタマイズ

redhat系に近い形に変更

(1)bashの設定変更(既存ユーザ)

(2)bashの設定変更(新規ユーザ)

ユーザーを追加した時に同じ設定になるように、以下も同じように変更

mozcインストール

(1)mozcをインストール

  1. 上のパネルのキーボードマーク(ibus設定)をクリック
  2. 再起動を選択し、設定 → インプットメソッドでMozcを追加する

Flash再生とDVD再生

Chromiumインストール

(2)Chormium 本体 + 言語パック(日本語化)

Ubuntu Japanese Teamの日本語追加パッケージ追加

公式サイトの手順を抜粋

ツールなどを インストール

Ubuntuソフトウェアセンターでインストールしたツールは以下
導入方法:Ubuntuソフトウェアセンター

HandBrake(動画変換ツール DVD→MP4など)
GNOME Do(ランチャ)
Glipper(クリップボード監視)
KeePassX(パスワード管理ソフト)

 - Linux , ,