ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

slurpd を利用した冗長化

      2017/01/04 この記事は約3分で読むことができます。

概要

slurpd を利用し冗長構成を構築する。
前提条件としては、OPEN LDAPサーバが構築されていること

構築環境は以下とする

  • マスター側 192.168.24.100
  • スレーブ側 192.168.24.101

マスター側 (192.168.24.100) の設定

(1)OPEN LDAPのパッケージが導入されているか確認する

(2)slapd.confのバックアップ

(3)レプリケーション時のログファイルを作成

(4)slapd.confの編集

スレーブ側 (192.168.24.101) のslapd.conf 設定

(1)OPEN LDAP関係のパッケージをインストール

ログファイル出力の設定は、以前のブログを参照

(2)マスター側から、slapd.conf をコピーする

(3)slapd.conf を編集する

スレーブ側にマスター側のデータ反映(LDAP登録された DB)

マスター側のデータをスレーブ側に反映する。
手順としては、マスター側で全データを含むLDIFを作成し、スレーブ側でインポートする

(1)マスター側のLDIFをスレーブ側に転送

マスター側(192.168.24.100)で実施

(2)スレーブ側でLDIFをインポート

スレーブ側(192.168.24.101)で実施

インポート時に以下のエラーが表示されているので、DB_CONFIG fileを作成する
Warning - No DB_CONFIG file found in directory /var/lib/ldap

(3)LDAP起動

動作確認

マスター側でデータを登録し、スレーブ側で反映されているか確認する

(1)登録用 ldif を作成する

マスター側(192.168.24.100)で実施

(2)ldapを登録する

マスター側(192.168.24.100)で実施

(3)登録されているか確認する

スレーブ側(192.168.24.101)で実施

(4)テスト用のデータを削除

マスター側(192.168.24.100)で実施



 - Linux , ,