ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

ownCloudをCドライブ以外に保存する方法

      2017/02/24 この記事は約2分で読むことができます。

ownCloud保存先を変更する方法

GoogleドライブをCドライブ以外に保存する方法が前回の記事で紹介しましたが、今回はownCloudの保存先を変更する方法を紹介します

Googleドライブと方法を似ており、一旦ログインしているアカウントを削除して再度ログインする。その際に保存先を変更するって流れになります

関連記事

ownCloudのログインアカウントの削除

ownCloudにログインしているアカウントを削除する方法を紹介します

1.タスクバーにあるアイコンをクリックして「設定」を選択します

2.アカウントの箇所をクリックして「削除」を選択するとアカウントが削除されます

oc021301

保存していたデータを違う場所に変更します

Cドライブ内にあった、ownCloudドライブのフォルダー(ディレクトリ)を違う場所に移動します。この場合はDドライブ内にあるフォルダー(ディレクトリ)に移動しています。
※手順は、Googleドライブと同じですので、Googleドライブの時に使用した画像を使用しています

1.ownCloudドライブをDドライブ内のフォルダー(ディレクトリ)に移動します

gd020605

ownCloudドライブにアカウント設定をしてログイン

ownCloudのアカウントを設定をやり直してログインします。その際に保存するフォルダを変更します。

1.ownCloudのクライアントを起動してログイン設定をします。まずはownCloudのURLを入力します

ownCloudのアカウント設定

2.ユーザー名とパスワードを入力します

ownCloudのアカウント設定

3.画面の中央にあるローカルフォルダーの横にあるフォルダの場所のボタンをクリックします

ownCloudのアカウント設定

4.ローカルの同期フォルダーになるので、移動したフォルダーを選択します

ownCloudのアカウント設定

5.保存するフォルダーを選択したら、アカウント設定画面に戻ります。保存先が変更されているのを確認したら「接続」をクリックします

6.アカウント設定が終了した画面になりますので「完了」をクリックしてアカウント設定を終了します

※ownCloudとのフォルダー同期ですが、今まで使用していたフォルダーを移動しているだけですので、同期は直ぐに終了します



 - Windows10