タスクビューを非表示にする 【Windows10】

2020-12-01

タスクビューについて

Windows10の機能のタスクビューは、アプリケーションや過去のアクティビティの履歴を切り替えたり、仮想デスクトップを追加・削除できたりする機能です。

複数のアプリケーションを起動していて、起動中でわからなくなったアプリケーションを探したり、複数の仮想デスクトップの中で使用したい仮想デスクトップを探したりするのに便利な機能です。

但し、複数のアプリケーションをあまり起動しなかったり稼働デスクトップを使用しない場合は、利用頻度が少ないので非表示にする方法を紹介します

 

タスクバーにある「タスクビュー」のアイコンをクリックすると、タスクビューが起動されます

 

起動しているアプリケーション、過去のアクティビティを切り替えたり、仮想デスクトップを追加・削除できたりできます

タスクビューを非表示にする

タスクビューを非表示にするには、タスクバーの右クリックメニューから非表示にすることができます

1.タスクバーの開いてる箇所の右クリックして、右クリックメニューを表示します

2.右クリックメニューから「タスクビューボタンを表示」のチェックを外すと、タスクビューが非表示になります

3.タスクビューのアイコンが無くなり、非表示になりました。
再度表示する場合は右クリックメニューから「タスクビューボタンを表示」のチェックを入れます

スポンサーリンク