Windows11の右クリックメニューを以前のように表示する

Windows11 で右クリックメニューの表示が変更されている

Windows11 では、エクスプローラーで、ファイルをフォルダを選択して右クリックメニューを表示する場合に、Windows10と異なり下記の画像のようにスッキリしたメニューに変更されています

右クリックメニューに表示される項目を使用する場合は、表示される内容が少なくなっているので探しやすいですが、「送る」の項目がなかったりするので、以前のWindows10のように表示したい事が多いです。

以前の方法で表示するには、以下の方法があります

  • 右クリックメニューから「その他のオプションを表示する」
  • 「Shift」+「F10」のショートカットキーを利用する
  • レジストリを変更する

右クリックメニューから「その他のオプションを表示する」

右クリックメニューの下に表示される「その他のオプションを表示する」を選択して、以前の右クリックメニューを表示します

1.ファイル・フォルダを選択して右クリックして、右クリックメニューを表示します

2.「その他のオプションを表示する」を選択します

3.以前の右クリックメニューが表示されます

「Shift」+「F10」のショートカットキーを利用する

右クリックメニューにある「その他のオプションを表示する」のショートカットキー「Shift」+「F10」を使用して右クリックメニューを表示します

1.ファイル・フォルダを選択して「Shift」+「F10」を押します

2.以前の右クリックメニューが表示されます

レジストリを変更する

レジストリを変更すると以前の右クリックメニューに表示できるようになります。この方法が恒久的に変更できますがレジストリを変更するのに抵抗のある方は、上の2つの方法で右クリックメニューを表示すればいいかと思います

1.コマンドプロンプトを起動します

2.「reg.exe add “HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32" /f /ve」と入力します

reg.exe add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32" /f /ve

3.再起動すると、右クリックメニューが以前の仕様に変更されます

右クリックメニューをもとに戻す場合は、コマンドプロンプトを起動して、以下のキーをレジストリに登録します

reg.exe delete "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}" /f

 

スポンサーリンク

Windows11,未分類Windows11

Posted by admin