Apache インストール 、初期設定、チューニング  [CentOS 5,6,7]

2016-08-02

ApacheとPHPをインストールし、WEBサーバを構築する

改訂履歴

2014/09/25 apache チューニング関係のパラメータを追加
2015/06/04 CentOS 7 の起動・自動起動設定の追加
2016/08/02 Apache チューニングパラメータ変更

Apache, PHP インストール [CentOS 5,6,7]

apache php をインストール

yum コマンドでApacheをインストールします

# yum -y install httpd
# yum -y install php

設定ファイルの編集

httpd.conf を編集前に設定ファイルをコピーしてバックアップをとります

# cp -p /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.org

httpd.conf ファイル編集を編集します。主に変更箇所のみ記述しています
# vi/etc/httpd/conf/httpd.conf

# エラーページ等でOS名を表示しない
ServerTokens Prod

# AllowOverride Allに変更
AllowOverride All

# サーバー名を指定
ServerName ex1.m-yabe.com:80

# エラーページ等でApacheのバージョンを表示しない
ServerSignature Off

# index.php の追加
DirectoryIndex index.html index.html.var index.php

Apache チューニング [CentOS 5,6,7]

apache のチューニングのパラメータは以下に設定

apache チューニング

比較的、負荷が少ないサーバーで設定しています。使用する環境でパラメータは調整して下さい。筆者の環境は、CentOS 7 メモリ2Gの構成です

StartServers Apacheを立ち上げた際に最初に起動するプロセス数
MinSpareServers 待機する子プロセスの最小数
MaxSpareServers 待機する子プロセスの最大数
ServerLimit プロセス数の上限値
MaxClients 生成する子プロセスの最大数
MaxRequestsPerChild それぞれの子プロセスが扱うリクエスト数の制限数

# vi/etc/httpd/conf/httpd.conf

StartServers 5
MinSpareServers 5
MaxSpareServers 15
ServerLimit 256
MaxClients 256
MaxRequestsPerChild 1000

Apache起動 [CentOS 5,6,7]

Apacheを起動します。設定のファイルに誤りがあるとエラーとなり起動しない場合あります。

【CentOS 5.x, 6.xの場合】

# /etc/rc.d/init.d/httpd start
httpd を起動中: [ OK ]

【CentOS 7.xの場合】
# systemctl start httpd.service

サーバーが再起動しても自動的に起動するように、Apache自動起動設定します。
【CentOS 5.x, 6.xの場合】
# chkconfig httpd on

# Apache自動起動設定確認
# chkconfig --list httpd
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

【CentOS 7.xの場合】
# systemctl enable httpd.service

# Apache自動起動設定確認
# systemctl is-enabled httpd
enabled

スポンサーリンク