CentOS 7 「/var/log/messages」に出力されるログレベルを変更する

2019-06-10

CentOS 7.x で「messges」に「Created slice User Slice of xxxx」や「Started Session xxx of user」ログが溢れる

CentOS 7.xでsystemdのLogLevelが「info」レベルで起動しており、「/ver/log/messages」のログが、「Created slice User Slice of xxxx」や「Started Session xxx of user」などログが出力され、必要なログを見る時に邪魔になります

$ sudo tail /var/log/messages
Mar 10 04:02:04 xxxxx systemd: Removed slice User Slice of xxxx.
Mar 10 04:10:01 xxxxx systemd: Created slice User Slice of xxxx.
Mar 10 04:10:01 xxxxx systemd: Started Session xxx of user xxxx.
Mar 10 04:10:01 xxxxx systemd: Removed slice User Slice of xxxx.

このログを出力を止めるには、systemdのログレベルを変更すれば止めれます。表示では「info」レベルですのでCent OS 6.xと同様に「notice」に変更します
$ sudo vim /etc/systemd/system.conf

# LogLevel=infoをコメントアウトを外して「notice」に変更します
#LogLevel=info 
 ↓
Loglevel=notice

systemdの設定ファイルを変更したら、systemdを再起動します
$ sudo systemctl daemon-reexec

 

スポンサーリンク

LinuxCentOS 7

Posted by admin