CentOS xfsでフォーマットしてディスクを追加する

使用しているクラウドサーバーでディスクを増設する機会があり、その際にCentOS7のデフォルトのファイルシステムとなっているxfsのファイルシステムで追加しました

ディスクを追加したサーバーですが、GMOクラウドで運用しているサーバーです。ディスク追加してアタッチしてディスクが認識しているかfdiskコマンドで確認します。
今回追加したディスクは「/dev/xvdb」で認識しています

# fdisk -l
Disk /dev/xvdb: 53.7 GB, 53687091200 bytes, 104857600 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes

次に「/dev/xvdb」のxfsでmkfsコマンドフォーマットします
# mkfs -t xfs /dev/xvdb 
meta-data=/dev/xvdb              isize=512    agcount=4, agsize=3276800 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=1        finobt=0, sparse=0
data     =                       bsize=4096   blocks=13107200, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=1
log      =internal log           bsize=4096   blocks=6400, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0

xfsでフォーマットしたらマウントできるか確認します、下記のコマンドなら「/mnt」にマウントしています
# mount /dev/xvdb /mnt/
# df -h
/dev/xvda1               497M  223M  275M  45% /boot
tmpfs                     99M     0   99M   0% /run/user/1001
/dev/xvdb                 50G   33M   50G   1% /mnt

マウントできたら起動時に自動的にマウントできるように「/etc/fstab」にその内容を記述します
# vi /etc/fstab
/dev/mapper/centos-root /                       xfs     defaults        0 0
UUID=42856464-37bd-4098-9f8b-85e99c9c5219 /boot                   xfs     defaults        0 0
/dev/mapper/centos-swap swap                    swap    defaults        0 0
# 以下を追加します
/dev/xvdb /var/lib/mysql  xfs defaults 1 2

 

 

スポンサーリンク