Let’s Encrypt証明書発行を「acme.sh」で発行する

acme.shで無料SSL証明書を発行する

CentOS 6系のサーバーでPythonのバージョンが古く、最新のcertbot を使えなかったのでシェルスクリプトで動作する「acme.sh」でワイルドカード形式の無償SSL証明書を発行しました

acme.shをインストール

acme.shをダウンロードしてインストールします。インストールは簡単にcurlでダウンロードしてシェルを実行すればインストールできます

一度ステージング環境で実行します。ワイルドカード証明書を発行するのでDNSにTXTレコードの登録が必要ですので、その必要な値が表示されます

今回、インストールしたサーバーのDNSは自前のDNSサーバーですので、テキストレコードを登録できるのでテキストレコードに登録しました

DNSレコードが登録できたら、再度、acme.shを実行して証明書を発行します

Apacheにワイルドカード証明書を登録する

発行したワイルドカードをapacheに設定して再起動します。設定箇所は証明書の箇所のみ記載しています

 

 

 

スポンサーリンク

LinuxCentOS 6

Posted by admin