Nginx + phpMyAdminをインストールする

概要

NginxサーバーにphpMyAdminをインストールする方法を説明します。インストールするにあたって下記のパッケージのインストールされている環境として説明します

  • nginx
  • php
  • php-fpm
  • mysql

今回インストールする、phpMyAdminのバージョンは「phpMyAdmin 4.8系」をインストールします。公式サイトでは「Current version compatible with PHP 5.5 to 7.2 and MySQL 5.5 and newer. 」となっており、PHP 7.2以上 MySQLは5.5以上のバージョンとなっています

筆者の環境では「php 7.2」, 「MariaDB 10.3」の環境でインストールしました

Nginx, php-fpm の設定

nginx、php-fpmの設定は以下のような設定しています。

以下の記事の内容で、Nginx, php-fpmの設定は説明していますので参考にして下さい

Lightsaiで nginx+PHP+MariaDB の構成でwordpressをインストール

Nginx+OwnCloudでLightsailにインストール

php-fpm

Nginx と php-fpm を連携できるように「/etc/php-fpm.d/www.conf」を以下のように編集しています

また、「/var/lib/php/session」の所有者が「root」のままだと動かないので、下記のように「nginx」に変更しています

Nginx

phpmyadminを入れる、VirtualHostの設定は以下のように設定しています。
アクセス制限に関しては、固定IPで特定のIPアドレスのみアクセスできる設定にしています

phpmyadminのインストール・設定

phpmyadminのインストールは公式サイトよりダウンロードして、VirtualHostのディレクトリに展開します。

phpmyadminをインストールするディレクトリに移動してから、wgetコマンドでphpmyadminをダウンロードします

ダウンロードしたphpmyadminを解凍します。解凍したフォルダはバージョン名も含まれるので、「phpmyadmin」にリネームします。その後ダウンロードした圧縮ファイルは削除します

プラウザで「http://example.com/phpmyadmin」等のphpmyadminをインストールしたURLにアクセスしてphpmyadminのログイン画面が表示されればインストールされています

スポンサーリンク