ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

CentOSにwordpressインストール

    この記事は約3分で読むことができます。

CentOS に WordPressをインストールする

BLOGを作れるWordPressをCentOSにインストールする機会があったのでその方法を紹介します。WordPressの構築の要件は「Apache」・「MySQL(MariaDB)」・「PHP」が動いていれば動作します。最新のWordpressの場合は公式サイトによると以下のバージョンとなります。

インストール手順ですが色々ありますが、今回の紹介する手順は、DB作成・Wordpressをダウンロード及び展開、Apacheの設定、Wordpressのセットアップて手順です

PHP バージョン 7 以上
MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

古い PHP や MySQL しか利用できないレガシーな環境でも、PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作しますが、公式サポートは終了しており、サイトがセキュリティの脆弱性にさらされる危険があります。

MySQL(MariaDB)で、Wordpress用のデータベース作成

まずが、MySQL(MariaDB)でデータベースを作成します。今回は以下の設定で作成しています。ご使用の環境でユーザー名・パスワード・DB名は変更して下さい

  • ユーザー名:wp_admin
  • パスワード:Qe93dDe5
  • データベース名:wp_database

これでDB関係の設定は終了です。次がWordpressをダウンロード・展開します

WordPressをダウンロード及び配置

公式サイトからWordpressをダウンロードしてWEBディレクトリに展開します。WEBディレクトリですが「/var/www/wordpress」に配置します。このディレクトリはVirtualHostの設定を後にします

まずは公式サイトよりwgetで圧縮ファイルをダウンロードします

解凍してWEBディレクトリ(/var/www/wordpress)に設置します

WEBディレクトリの配置したコンテンツをApacheに設定して、wp-config.phpを編集します

これでWordpressの設定は終了です。次がApacheの設定です

WordPressのApacheの設定

「/var/www/wordpress」をルートディレクトリとして、VirtualHostの設定をします。
設定ファイルですがCentOS7とCentOS6のApacheのバージョン違いますので、下記の箇所の設定が異なります

【CentOS 7 apache2.4】
Require all granted

【CentOS 6 apache2.2】
Order allow,deny
Allow from all

これで設定は終了です。あとブラウザでinstall.phpにアクセスして設定して終了です

ブラウザででinstall.phpにアクセスする

下記のURLにアクセスしてhttp://www.example.com/wp-admin/install.phpに実行します。URLはせていした環境で変わりますので任意に変更して下さい。



 - Linux, WordPress , , ,