Lightsaiで nginx+PHP+MariaDB の構成でwordpressをインストール

Cent OS 7でnginx+PHP+MariaDBでWordpressをインストール

OSのみの作成したCent OS 7系のインスタンスに「nginx」+「php」+「MariaDB」の構成でwordpressをインストールする手順です。phpのバージョンはyumで表示インストールされる「5.4系」をインストールしました

F/W(firewalld)の設定変更

firewalldでHTTPとHTTPSを通信を許可します

また、Lightsail側のF/WでもHTTP(80番)とHTTPS(443番)のポートを開放していない場合は開放します

1.TOP画面から「インスタンス」→「接続するインスタンス」を選択します

2.「ネットワーク」のタブを選択します

3.HTTP(80番)HTTPS(443番)のを追加して通信を許可します

nginxをインストール

以前はApacheを利用していましたが、今回は「nginx」をインストールします。Apacheよりnginxの方が、軽くて、大量アクセスを捌くことをできるのと、Apache以外のWEBサーバーを触ってみたかったからです

PHPと php-fpmをインストール

「php」と「php-fgm」をインストールします。最近のwordpressでは、php 7.3 が推奨されますが、今回はphp 5.4でインストールしています。
「php-fgm」は、nginxとphpを連携する時に使用します

nginx 設定

nginxでphpを動作するようにnginxの設定ファイルを変更します

phpが動作しているか、phpinfo関数を作成してブラウザでアクセスします。phpの設定内容が表示されればphpが動作しています

MariaDBをインストール

MariaDBのパッケージをインストールします。
以前の記事「MariaDBのインストールと初期設定 | CentOS 7」でインストール方法の記事があるので詳しくはそちらを参考にしてください

wordpressで利用するDBとユーザーを作成します。今回は以下のように設定しています

  • ユーザー:wpuser
  • パスワード:13defa52ersd
  • データベース:wordpress

wordpressインストール

wordpressをインストールします。最新版をwgetでダウンロードして、ロートディレクトリに移動してから、wp-config.phpにDB情報を反映すればインストールは終了です。

また、wp-config.phpにある認証用ユニークキーですが、オンラインジェネレータhttps://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/ にアクセスすれば簡単に生成できます

wordpressのインストールと設定が終われば、ブラウザで「http://[IPアドレス]/wordpress」にアクセスしてwordpressの初期設定画面になればOKです

 

スポンサーリンク