cpコマンドで確認なしでコピー

2019-02-01

cpコマンドで上書きの確認なしにコピーする方法

通常ではcpコマンドはコピーする際にcp -f (コピー元) (コピー先)として確認不要でコピーしても、下記のように確認コマンドが出る場合あります

確認不要のオプションを使用しても上書き確認をしてくる原因ですが、aliasでcpコマンドが「cp -i」となり上書きする前に確認がされるようなっているの原因です

cpコマンドのエイリアスを無効にしてコマンドを実行するには、「\(バックスラッシュ)」を付けることでエイリアスを無効にして実行できます

 

スポンサーリンク