cpコマンドで確認なしでコピー

cpコマンドで上書きの確認なしにコピーする方法

通常ではcpコマンドはコピーする際にcp -f (コピー元) (コピー先)として確認不要でコピーしても、下記のように確認コマンドが出る場合あります

これの原因ですがaliasで、cpコマンドが「cp -i」となり上書きする前に確認がされるようなっているの原因です

cpコマンドのエイリアスを無効にしてコマンドを実行するには、「\(バックスラッシュ)」を付けることでエイリアスを無効にして実行できます