Subversionで実行権限がコミットされない場合

Subversionで実行権限がうまく反映してない場合、以下のように実行権限を付与してコミットしても、svn updateすると前の状態に戻ってしまって実行権限が無くなります。

$ sudo chmod +x test.sh
$ svn commit -m "" test.sh

この場合は、以下のコマンドで、実行権限が付与されます

書式: svn propset svn:executable ON <filepath>

$ svn propset svn:executable ON test.sh
property 'svn:executable' set on 'test.sh'

付与した実行権限を削除する場合は、以下のコマンドとなります

書式: svn propdel svn:executable <filepath>

$ svn propdel svn:executable test.sh
property 'svn:executable' deleted from 'test.sh'.

スポンサーリンク