MySQLのレプリケーション設定

CentOS にMySQLのレプリケーションを構築

MHAを構築してみようと思い、その為にはMySQLのレプリケーション環境が必要なのでMaster、SlaveでのMySQLレプリケーション環境を構築しました。その際の作業メモです

MySQLのレプリケーションですが、MySQL データベースをスレーブサーバー に複製できる機能です。

構築した環境ですが、以下のように仕様で構築します。MHAを導入予定のサーバのOSがCentOS 6.x系の為、CentOS 7.xではなくCentOS 6.8で構築します。構築方法にCentOS 7.xと違いがさほど無いので自動起動のコマンド、サービスの起動のコマンドなどはCentOS 7.xに置き換えればOKと思います

 

IPアドレス ホスト名 OS
MySQL-MaseterDB 192.168.11.101 db01 CentOS 6.8
MySQL-SlaveDB 192.168.11.102 db02 CentOS 6.8

 

MySQLインストール及び初期設定

yumで必要なパッケージをインストールして、MySQLのrootユーザーのパスワードを設定します

【Master, Slave共通】
mysqlの関連パッケージをyumでインストールします

# yum install mysql mysql-server

MySQLのrootユーザーのパスワード設定及びサービスの自動起動を設定します。rootのパスワードですが「momo1234」と設定しています
# /etc/init.d/mysqld start
# /usr/bin/mysqladmin -u root password 'momo1234'
# chkconfig mysqld on

MySQLのレプリケーションユーザー設定

レプリケーションで使用するレプリケーション用アカウントを設定します。アカウント名は「repl」としパスワード「mikan321」とします

【Master側, Slave側共通】
レプリケーション用アカウント設定します

MySQLにrootでログインします
# mysql -u root -pmomo1234
レプリケーションアカウント(repl)の設定をします
mysql> GRANT REPLICATION SLAVE on *.* to 'repl'@'192.168.11.%' IDENTIFIED by 'mikan321';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
mysql>exit

設定ファイル(my.cnf)の編集

MySQLの設定ファイル(my.cnf)編集します。内容はMaster・Slaveで設定内容は異なります。

【Master側, Slave側共通】
オリジナルファイルをバックアップします

# cp /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org

【Master側】

設定ファイル編集を編集します。
server-idは、IPアドレスの末尾(101)とします。report-hostは、ホスト名(db01)とします

# vim /etc/my.cnf

[mysqld]
log-bin=mysql-bin
server-id=101
report-host=db01

MySQLを起動します
# /etc/init.d/mysqld restart
mysqld を停止中: [ OK ]
mysqld を起動中: [ OK ]

【Slave側】
設定ファイル編集を編集します。
server-idは、IPアドレスの末尾(102)とします。report-hostは、ホスト名(db02)とします。
log-binでマスターのバイナリロギングを有効に設定します。log_slave_updatesで、スレーブをマスターとして使用できるようにします
# vim /etc/my.cnf

[mysqld]
server-id=102
report-host=db02
log-bin=mysql-bin
log_slave_updates

MySQL起動
# /etc/init.d/mysqld restart
mysqld を停止中: [ OK ]
mysqld を起動中: [ OK ]

レプリケーションのポジションの同期

【Master側】
Masterのポジションを確認して、その内容をSlaveサーバに反映します
ポジション及びファイル名は、Slaveサーバに設定する際に使用するのでメモしておきます

# mysql -u root -pmomo1234
mysql> show master status;
+------------------+----------+--------------+------------------+
| File             | Position | Binlog_Do_DB | Binlog_Ignore_DB |
+------------------+----------+--------------+------------------+
| mysql-bin.000004 |      106 |              |                  |
+------------------+----------+--------------+------------------+
1 row in set (0.00 sec)

 

【Slave側】
MySQLに接続し、以下のコマンドでMasterのポジションを確認します

# mysql -u root -pmomo1234

Slaveを停止します
mysql> stop slave;
mysql>
CHANGE MASTER TO
 MASTER_HOST = 'db01',
 MASTER_USER = 'repl',
 MASTER_PASSWORD = 'mikan321',
 MASTER_LOG_FILE = 'mysql-bin.000004', (メモしたバイナリログのファイル名)
 MASTER_LOG_POS = 106;(メモしたバイナリログの位置)

Slaveを再開します
mysql> start slave;

Slaveのステータスを確認して、Slave_IO_Running、Slave_SQL_RunningがYesになっていることを確認する
mysql> show slave status ¥G
*************************** 1. row ***************************
               Slave_IO_State: Waiting for master to send event
                  Master_Host: db01
                  Master_User: repl
                  Master_Port: 3306
                Connect_Retry: 60
              Master_Log_File: mysql-bin.000004
          Read_Master_Log_Pos: 106
               Relay_Log_File: mysqld-relay-bin.000004
                Relay_Log_Pos: 251
        Relay_Master_Log_File: mysql-bin.000004
             Slave_IO_Running: Yes
            Slave_SQL_Running: Yes

この後、Master側でDBを変更してSlave側で反映しているか確認してSlave側で反映していればOKです

スポンサーリンク