ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

CentOS Manコマンドを日本語表示にする

    この記事は約2分で読むことができます。

Manコマンドを日本語に変更する

Manコマンドの出力が英語表記の場合だと、わかりにくいので日本語表記の方法を紹介します

日本語のmanページをyumでインストール

日本語で作成されているManページをyumでインストールします。

日本語ローケルを設定する

サーバのローケルが日本語となっているか確認します。日本語ではない場合は日本語に設定します

ローケルがどのようになっているか確認します

echo $LANG」と入力すればローケルの設定が確認できます

locale」でも確認出来ます。このサーバでは「ja_JP.UTF-8」と設定されています

下記のようにローケルが英語となっている場合は、export LANG=~で日本語に設定します。

export コマンドでログインしている間は有効ですが、ログアウトすると前の設定に戻りますので、恒久的に変更する場合は必要があります。CentOS 6.x, CentOS 7.xでは変更方法違うのでOSに合わせて変更して下さい

【CentOS 6.x】

CentOS 6系では、 /etc/sysconfig/i18nファイルを編集します。以下では、 ローケルを「en_US.UTF-8」に設定しています

【CentOS 7.x】
CentOS 7系では、 /etc/sysconfig/i18nがありません。「localectl set-locale ~」コマンドを仕様して変更します。以下では、 ローケルを「en_US.UTF-8」に設定しています

ローケルを日本語にして日本語のmanページがインストールされていれば、下記のようにmanコマンドの結果が日本語となります



 - Linux , ,