digコマンドでMXレコードを確認

2017-02-23

概要

digコマンドMXレコードを確認する方法を紹介します。digコマンドではドメイン情報をDNSサーバーから取得する時に使用します。

Windowsの場合は、nslookupコマンドを利用します。nslookupを利用する場合は下記の関連記事を参考にして下さい

関連記事:nslookupコマンドでMXレコードを確認 (Windows10)

MXレコードを確認する場合のdigコマンドの書式

下記のように「mx」のオプションを利用するとMXレコードを確認する事ができます。このコマンドはLinux,macOSでも使用できます
書式:dig ドメイン名 mx

MXレコードを確認する場合の入力例

google.comのMXレコードを確認する場合は以下となります

$ dig google.com mx

; <<>> DiG 9.8.3-P1 <<>> google.com mx
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 7181
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 5, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;google.com.			IN	MX

;; ANSWER SECTION:
google.com.		599	IN	MX	40 alt3.aspmx.l.google.com.
google.com.		599	IN	MX	30 alt2.aspmx.l.google.com.
google.com.		599	IN	MX	50 alt4.aspmx.l.google.com.
google.com.		599	IN	MX	20 alt1.aspmx.l.google.com.
google.com.		599	IN	MX	10 aspmx.l.google.com.

;; Query time: 47 msec
;; SERVER: 8.8.8.8#53(8.8.8.8)
;; WHEN: Tue Feb 21 10:57:15 2017
;; MSG SIZE  rcvd: 136

長々と出力されますが、「ANSWER SECTION」内のMXレコードが設定されている値となります。「10 aspmx.l.google.com.」と数字が小さい値が転送が優先されるサーバーとなりますので、通常は値の低いサーバーに転送されます

スポンサーリンク