ファイルシステム(fstab)をLABELで管理する

fstab をLABELで管理する( ext2/ext3/ext4 )

ext2/ext3/ext4のファイルシステムで、fstab を「/dev/sda1」等で管理するのではなく「LABEL=home   /home〜〜」と記述する方法を紹介します。

ラベルで管理すると、ディスクを追加したり、削除したりしてデバイス名が変更になったりしても影響を受けなくなります

デバイスにラベルを設定する

「mkfs」・「e2label」 コマンドでデバイスにラベルをつけることが出来ます。
以下では、ext4のファイルシステムで、「/dev/sdb1」を「home」というラベルに設定します

# mkfsを使用する場合
# mkfs -t ext4 -L home /dev/sdb1

# e2labelを使用する場合
# e2label /dev/sdb1 home

ラベルを設定を確認する

e2labelコマンドでデバイス名を指定すると、設定したラベルを確認できます

# e2label /dev/sdb1
home

/etc/fstabを編集する

fatabの編集してラベル名で管理します

# vi /etc/fstab
LABEL=home  /home          ext3    defaults        1 2

スポンサーリンク