CentOS 6.8にPHP5.1をインストール(RPMパッケージ)

2017-01-04

概要

前回の記事でソースからCentOS 6.xにPHP5.1をインストールしましたが、結局はMakeでエラーになりインストールは駄目でしたので、今回はRPMパッケージをダウンロードしてインストールしてみたいと思います

PHP5.1のインストール

必要なパッケージをインストール

既にPHPがインストールされている駄目なのでアンインストールします

# yum -y remove php*

インストールに必要なパッケージをインストールします
# yum install httpd mysql

# yum install libmcrypt* automake vim-enhanced libpng-devel libxml2-devel ncurses-devel libmcrypt-devel curl curl-devel libpng-devel libjpeg-devel gcc* openssl-devel pcre-devel freetype freetype-devel libtool-ltdl libtool-ltdl-devel 

# yum install -y libcrypto.so.6 libssl.so.6 openssl098e-0.9.8e
# wget ftp://rpmfind.net/linux/remi/enterprise/5/remi/x86_64/compat-libcurl3-7.15.5-3.el5.remi.x86_64.rpm
# rpm -Uvh compat-libcurl3-7.15.5-3.el5.remi.x86_64.rpm

# yum install libpcap
# wget http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/CentOS/5/x86_64/mysqlclient15-5.0.92-3.ius.centos5.x86_64.rpm
# rpm -Uvh mysqlclient15-5.0.92-3.ius.centos5.x86_64.rpm

# yum install libc-client
# wget ftp://ftp.nluug.nl/pub/os/Linux/distr/startcom/AS-5.0.0/os/x86_64/StartCom/RPMS/libc-client-2004g-2.2.1.x86_64.rpm
# rpm -Uvh libc-client-2004g-2.2.1.x86_64.rpm

RPMのパッケージをダウンロード

PHP5.1関係のパッケージをダウンロードします。私の環境での必要なパッケージですので、使用される環境で必要なパッケージを過不足がある可能性はあります

# /usr/local/srcに移動
# cd /usr/local/src

# rpmパッケージをダウンロード  
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-devel-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-ldap-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-pdo-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-bcmath-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm   
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-common-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-gd-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-mysql-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-cli-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-mbstring-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/updates/x86_64/RPMS/php-xml-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm

RPMパッケージをインストール

yum localinstallで先程ダウンロードしたパッケージをインストールしていきます。WEBでは複数のRPMをまとめてインストールしているケースが有りましたが、私の環境でのエラーなりましたので、1〜3個くらいのRPMパッケージをインストールしていきました

# yum localinstall php-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm php-common-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm php-cli-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-devel-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-ldap-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-pdo-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-bcmath-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-gd-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-mysql-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-mbstring-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-mbstring-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm
# yum localinstall php-xml-5.1.6-45.el5_11.x86_64.rpm

PHP をアップデート対象から除外

phpをyumでバージョンアップしないように、yum.confに「exclude=php*」を設定してアップデートしないようにします

# vi /etc/yum.conf

#この行を追加
exclude=php*

これで、CentOS6.8 にPHP5.1をインストールする作業は終了です

スポンサーリンク