送る(sendto)、スタートアップ(startup)のフォルダに簡単にアクセスする方法 | Windows10

2018-05-02

エクスプローラーから「sendto」、「startup」フォルダにアクセスする方法

「sendto」や「startup」のディレクトリですが、以下のように深い階層にあってエクスプローラーから辿っていくと結構面倒ですよね。

【sendto】
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo

【startup】
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

これを簡単にアクセスする方法があるので紹介します。エクスプローラーから順に辿っていく場合は、以下のページで紹介していますので参考にして下さい

 

 

「sendto」フォルダに簡単にアクセスする方法

エクスプローラーを起動してパスが表示されているアドレスバーに「shell:sendto」と入力して「Enter」キーを押すだけです

(1)エクスプローラーを起動します

「sendto」、「startup」簡単アクセス

(2)「shell:sendto」と入力して「Enter」キーを押します
(3)「sendto」フォルダが開きます

「sendto」、「startup」簡単アクセス

「startup」フォルダに簡単にアクセスする方法

「startup」も「sendto」と同様で、エクスプローラーを起動してパスが表示されているアドレスバーに「shell:statup」と入力して「Enter」キーを押すだけです

(1)エクスプローラーを起動します

「sendto」、「startup」簡単アクセス

(2)「shell:statup」と入力して「Enter」キーを押します
(3)「statup」フォルダが開きます「sendto」、「startup」簡単アクセス

 

※「shell:common statup」と入力して「Enter」キーを押すと、すべてのユーザーの「statup」フォルダが開きます

「sendto」、「startup」簡単アクセス

関連ページ

※ Windows10 Anniversary Updateでも動作確認済みです
※ Windows10 Creators Updateでも動作確認済みです
※ Windows10 Fall Creators Updateでも動作確認済みです
※ Windows10 Spring Creators Updateでも動作確認済みです

スポンサーリンク