ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

EvernoteからOneNoteに移行する方法【OneNote Importer】

    この記事は約4分で読むことができます。

概要

Evernoteの料金体系・仕様変更で、OneNoteを使い始めましたが、以前のEvernoteのデータをOneNoteに移行できないか調べていたら、Microsoftからプレビュー版で【OneNote Importer】というツールがあり、そのツールを使用すれば移行できます。

https://www.onenote.com/import-evernote-to-onenote

2016-07-01_12h13_17

OneNote と Evernote の比較

OneNoteのページに無料で使用する場合のEvernote とOneNote と の機能比較がありましたので、そちらを紹介します

OneNote Evernote
Windows、Mac、iOS、Android、Web で利用可能
デバイス間でノートを同期する Evernote Basic では 2 台のデバイスに制限されます。
デバイス間で同期するには、Evernote プラスまたは
プレミアムが必要です。
モバイルのメモにオフラインでアクセス Evernote Plus または Premium が必要
毎月無制限のアップロード 60 MB/月 (無料)
1 GB/月 (Evernote Plus)
自由形式のキャンバスを使用してページの任意の場所に書き込む
コンテンツを他のユーザーと共有
Web からコンテンツをクリップ
メモにメールを保存 Evernote Plus または Premium が必要
名刺のデジタル化 Evernote Premium が必要

OneNote Importer インストール方法

OneNote Importerをインストールして、EvernoteのデータをOneNote に移行する方法を紹介します
事前にEvernoteがインストールされており、Evernote がインストールされている必要があります

1.OneNote ImporterのWEBページにアクセスします
https://www.onenote.com/import-evernote-to-onenote

2.「インポートツールのダウンロード」をクリックして、OneNote Importerをダウンロードします

oe1

3.使用許諾契約書のチェックボックスにチェックを入れ、「Get Staarted」をクリックします

oe2

4.Evernoteのインポートするノートブックで選択して、「Next」をクリックします

oe3

5.Microsoftのアカウントにサインインします

oe4

6.EvernoteのタグをOneNoteのセクションとしてインポートする場合にはチェックボックスにチェックを入れ、「Import」をクリックします

oe5

7.インポートが開始されますので、インポート完了まで待ちます

oe6

8.インポートが完了すると「View notes in OneNote」をクリックして修了です

oe7

EvernoteからOneNoteに、移行時のデータ対応表

OneNote Importerを使用して、EvernoteのデータをとOneNoteにインポートした場合の、各項目の対応表は以下のようになります

Evernote OneNote
ノートブック ノートブック
タグ セクション
ノート ページ

Evernoteからインポートしたノートブックを確認する

OneNote Importerを使用してインポートしたEvernoteのノートブックの確認方法は以下となります。
OneNoteを起動すると、今まで使用していたノートブックが開くだけで、Evernoteのノートブックを開かないので、Evernoteのノートブックを指定する必要があります

1.OneNoteを起動して、「ファイル」をクリックします

oe8

2.左メニューより「開く」を選択して「マイノートブック」内より、インポートしたEvernoteのノートブックを選択します
oe9

 

 - Windows10