ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

タイムゾーンを日本に変更する方法 「Linux」

    この記事は約2分で読むことができます。

概要

AWSでAmazon Linux, CentOS を使用しているとタイムゾーンがUTCになっていて日本時間じゃなくて使い勝手が悪かったので変更方法を紹介します

AWS以外でも同じような方法で変更できるかと思います

タイムゾーンの変更手順(AWS)

タイムゾーンの変更方法は以下の手順になります。

手順は、/etc/sysconfig/clockの編集して、timezoneファイル差し替えて、再起動するって感じの流れです

参考:Linux インスタンスの時刻の設定(Amazon資料)

/etc/sysconfig/clockの編集

/etc/sysconfig/clockのバックアップを作成してから、/etc/sysconfig/clockを編集して、ZONE=UTCからZONE="Asia/Tokyo"に変更します

こちらですが、他のブログでは、UTC=Falseと紹介されていますが、Amazonの資料ではその記載ありませんのでタイムゾーンをローカルタイム(UTC=False)に変更しなくてもUTCのまま(UTC=True)でOKかと考えられあます

timezoneの変更

/etc/localtimeを日本時間のファイル(/usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo)に差し替えます

再起動を実施

再起動して、タイムゾーンを日本時間して、サーバー・アプリケーションの時間帯情報を取得します。

タイムゾーンの変更手順(CentOS 7.x)

CentOS 7では「timedatectl」コマンドを利用して、タイムゾーンを変更できます

参考:第2章 日付と時刻の設定(RedHat資料)

 

 - Linux, 仮想化 , ,