ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

findのAND検索・OR検索 [ 論理演算子 ]

      2016/11/29 この記事は約2分で読むことができます。

findコマンドは、でAND検索複数条件での検索(OR検索)特定の条件などを除外(NOT検索)の方法を紹介します

動作確認用に以下のようなファイルを配置しています

AND検索

findコマンドでAND条件で検索対象を絞り込んで検索します
ファイル名などの絞り込み条件を -and で追加していきます

書式:find 【ディレクトリ】 -name 【ファイル名】 -and -name 【ファイル名】
-andを省略もできます
書式:find 【ディレクトリ】 -name 【ファイル名】 -name 【ファイル名】

ファイル名に、【ex】,【race】のどちらの文字も含むファイルを検索

OR検索

findコマンドで複数の条件でOR検索のように検索する方法は以下となります
ファイル名などの複数の条件でマッチしたい場合などは、-or(-o) で繋げて利用します

書式:find 【ディレクトリ】 -name 【ファイル名】 -or -name 【ファイル名】
-or は -o でもOKです
書式:find 【ディレクトリ】 -name 【ファイル名】 -o 【ファイル名】

ファイル名に、【auto】,【race】のどちらかの文字があるファイルを検索

NOT検索

findコマンドで除外条件を指定して検索する方法は以下となります
ファイル名などの除外したい条件を、-not 【ファイル名】(! 【ファイル名】)指定して除外条件を設定します

書式:find 【ディレクトリ】 -name 【ファイル名】 -not -name 【ファイル名】
-or は -o でもOKです
書式:find 【ディレクトリ】 -name 【ファイル名】 -o 【ファイル名】

ファイル名に、【auto】,【race】を含まないファイルを検索

 - Linux ,