curlでcookie情報を取得・送信して利用する

2021-03-09

curlでcookie情報を保存・送信する

curlでログイン情報をPOST情報を送信してログインしたり、cookieを保存したり、送信する方法を説明します。
wgetコマンドで、cookie情報を保存・送信する場合「wgetでcookieを利用して、ログイン認証のページにアクセスする」を参考にしてください

curlでログインに必要な値をPOSTする

curlでログイン画面にあるログインID・PASSをPOSTする場合は、-d(data)を利用して、その後に【パラメーター=値】と指定して送信します

# パラメーターを複数ある場合は、-d [パラメーター=値]を複数書いて送信します
$ curl "http://example.com/login.php" -d id=admin -d passwd=pass1234

# パラメーターを複数ある場合は、-[パラメーター=値]を&で繋いでもOKです
$ curl "http://example.com/login.php" -d 'id=admin&passwd=pass1234'

curlでcookieを保存する

curlでcookie情報をファイルに保存することもできますので、その情報を利用すればログイン後の画面にアクセスする事もできます
cookie情報をファイルに保存には、「curl 接続先URL -c 保存先」として保存します。

$ curl -c /home/admin/cookie.txt "http://example.com/login.php" -d id=admin -d passwd=pass1234

curlでcookieを送信する

保存しているcookie情報を利用して送信する場合は、「curl -b cookieファイル 接続先URL」として「-b」の後にcookie情報あるファイルを指定します

$ curl -b /home/admin/cookie.txt "http://example.com/admin.php"

 

 

 

 

スポンサーリンク

LinuxCentOS 6,CentOS 7,CentOS 8

Posted by admin