Thunderbird が遅いときの対処方法(global-messages-db.sqliteの削除)

一部のメールアカウントの送受信にThunderbirdを使用しています。主にメールサーバーの動作確認用のメールアカウントでメールボックスに10通前しかなく、起動時に重かったりします。

また、メールアカウントのバックアップで「%APPDATA%\Thunderbird\Profiles」のフォルダをバックアップすると2~3G近くありました。メールは10通ほどなので容量が非常に多いです。

どのファイルが多いか確認すると、下記のように「global-messages-db.sqlite」が2G近くの容量があります。

このファイルを削除すれば、容量もスッキリして、動作も軽くなるはずですので、その手順を紹介します

1.Thunderbird を起動します

2.メニューバーより「ツール」→「オプション」を選択します

3.「一般」のメニューより、下部の方にある「グローバル検索と牽引データベースを有効にする」のチェックを外します

4.エクスプローラーで以下のフォルダを開きます。

C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.default
or
%APPDATA%\Thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.default

<username>は、Windowsのユーザーアカウントとなります。xxxxxxxx.defaultはランダムな文字が入ります

5.「global-messages-db.sqlite」を削除します

 

スポンサーリンク