DHCPサーバの構築

2016-12-01

DHCPサーバーとして、内部のクライアントマシンへIPアドレスを自動的に割当てるようにDHCPサーバを構築する

【前提条件】
ネットワークアドレス:192.168.0.0/24
DHCPサーバのIPアドレス:192.168.0.200
クライアントIPアドレス:192.168.0.128~192.168.1.254
特定のMACアドレスのみ固定IPを払い出す
MACアドレス: 00:A0:B0:0A:8C:C3;
IPアドレス: 192.168.0.100;

DHCPのインストール

(1)yum でdhcpをインストールする

# yum -y install dhcp

(2)サンプルファイルをコピー

設定ファイルは有効な設定がないのでサンプルをコピーする

# cp -p /usr/share/doc/dhcp*/dhcpd.conf.sample /etc/dhcpd.conf
cp: `/etc/dhcpd.conf' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? yes

(3)設定ファイルをバックアップ

# cp -p /etc/dhcpd.conf /etc/dhcpd.conf.org

(4)設定ファイルを編集する

# vi /etc/dhcpd.conf

# デフォルトゲートウェイを指定
option routers 192.168.0.200;
# サブネットマスクを指定
option subnet-mask 255.255.255.
# ドメイン名の指定をコメントアウト
# option nis-domain "domain.org";
# NISドメインをコメントアウト
# option domain-name "domain.org";
# DNSサーバを指定
option domain-name-servers 192.168.0.200;
# DHCPクライアントに割り当てるIPアドレスを追加
range dynamic-bootp 192.168.0.128 192.168.0.254;

dhcp起動

(1)dhcpを起動する

# /etc/init.d/dhcpd start
dhcpd を起動中: [ OK ]

(2)dhcpd 自動起動設定

# chkconfig dhcpd on

(3)dhcpd 自動起動設定確認

# chkconfig --list dhcpd
dhcpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

特定のMACアドレスに固定IPを払い出す

サブネットごとに、割り当てるIPアドレスの範囲や、固定IPアドレスをわりあてたりできます。以下はその設定例です。

# vi /etc/dhcpd.conf
subnet 192.168.0.0 netmask 255.255.55.0 {
option routers 192.168.0.1;
option subnet-mask 255.255.255.0;
option broadcast-address 192.168.0.255;
option netbios-name-servers 192.168.0.1;
option netbios-dd-server 192.168.0.1;
option netbios-node-type 8;
default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
host testsv {
# 対象のMACアドレス
hardware ethernet 00:A0:B0:0A:8C:C3;
# 払い出すのIPアドレス
fixed-address 192.168.0.100;
option host-name "testsv";
}
}

スポンサーリンク

LinuxDHCP,Linux

Posted by admin