QTTabBarで新規タブでファルダを開く

QTTabBarで新規タブを追加する「+」ボタンを表示するようにする

エクスプローラーをタブ型にするのに「QTTabBar」を利用しています。

タブ型のテキストエディタでよくある新規ファイルを開く場合にタブの横にある「+」アイコンみたいなのが「QTTabBar」になかったので、新規フォルダを開くのに一度デスクトップのフォルダを開いたりして新規タブにフォルダを追加したりして苦労していました。
調べてみると設定ファイル内、新規タブを開く設定があるみたいなので、その設定を有効にしました

QTTabBarの設定を開く

QTTabBarの設定ですが少しわかりにくかったのですが、タブがある箇所で右クリックメニューから設定が表示されます

1.フォルダを開き、タブがある箇所あたりで「右クリックメニュー」から「QTabBarのオプション」を選択します

新規タブを開く「+」を有効にする

QTabBarのオプション画面のタブの設定箇所で「タブバーに”+”ボタンを表示する」を有効にすると、タブバーに「+」ボタンが表示され、新規のフォルダを追加できるようになります

1.「タブ」→「タブバーに”+”ボタンを表示する」でチェック入れて「適用」を選択します


2.フォルダを開くとタブバーに「+」ボタンが追加されています

QTTabBarで新規タブでデスクトップ以外を表示する

上記の標準設定では「+」ボタンを押すと、デスクトップフォルダが表示されますが、それ以外の動作をしたい場合にはオプションメニューの「イベント」で選択できます。選択できる内容は以下のとおりです

  • フォルダーを選択しタブで開く
  • フォルダーを選択しバックブランドのタブで開く
  • デスクトップを開く
  • デフォルトの場所をを開く
  • アクティブなタブをクローン
  • ユーザーコマンド(ライブラリ・PC・コントロールパネル等開く設定ができます)
  • なし

1.オプションメニューで「イベント」→「タブバー”+”ボタンをクリック」で「選択したい動作」を選択します

 

QTTabBarで新規タブで「PC」のフォルダを表示する

タブバー「+」で「ライブラリ」・「PC」・「コントロールパネルフォルダを開く設定もできます。その場合はイベントでは「ユーザーコマンド」を選択してイベントメニュー内の「ユーザーコマンド」で設定するとできます

1.オプションメニューで「イベント」→「タブバー”+”ボタンをクリック」で「ユーザーコマンド」を選択します

2.イベントメニューで「タブバー”+”ボタンをクリック」の「」を選択して「コマンドバー2」→「PC」を選択します

スポンサーリンク