JAVAのアップデートで「このページのスクリプトでエラーが発生しました。」と表示されアップデートできない

Java Update Checkerで「スクリプトエラー」でアップデートできない場合の対処方法

Javaの更新がはいり、自動アップデートをおこなうと下記のエラーが表示されインストールできない場合があります。私の環境だとほど毎回できません

 

  • スクリプト エラー
  • このページのスクリプトでエラーが発生しました。
  • ライン: 1
  • 文字: 1
  • エラー: ’)’がありません
  • コード: 0
  • URL: 
  • このページのスクリプトを実行し続けますか?

このページのスクリプトを実行し続けますか? を選択してもインストールは始まりません。対処方法ですがJavaの公式ページよりインストールプログラムをダウンロードして再インストールすればアップデートできます

Javaの自動アップデートできない場合の、再インストール方法

再インストールですが、インストールすると最新版になりますので再インストールで最新版になっているか確認するために、今のJavaのバージョンを確認します

1.タスクバーにある「Java」のアイコンを右クリックします

2.「プロパティ」を選択します

3.Javaのコントロールパネルが表示されるので「バージョン情報」を選択します

4.バージョン8の更新231 (ビルド1.8.0.231.-b11)と書かれてる箇所がJavaのバージョン情報です

今、インストールされているJavaのバージョンを確認したら、Javaのインストールプログラムを公式サイトよりダウンロードします。公式サイトにアクセスすると「無料Javaのダウンロード」と表示される箇所をクリックしたらダウンロードできます

https://www.java.com/ja/

最新版のJavaのインストラーをダウンロードできたら、JavaSetup8uxxx.exeのようなインストラーがダウンロードできますので実行します

1.インストラーが実行されたら「インストール」を選択します

2.インストール画面の指示に従って進めていくと、今インストールされているバージョンのJavaが検出されます。このバージョンは最新版がインストールされると不要となるので削除するので「アンインストール」を選択します

3.アンインストールが完了するとアンインストールが完了した画面になります、最新版をインストールするので「次へ」を選択します

4.Javaがインストールされると下記のインストール完了の画面になるので「閉じる」を選択してインストラーを終了します

Javaの最新版のインストールが完了したら、最新版がインストールされているか確認するため、バージョン情報を確認します。
確認手順は、Javaのアイコンを右クリックして、プロパティ → バージョン情報で確認できます。

バージョン情報が、バージョン8の更新231 (ビルド1.8.0.231.-b11) から バージョン8の更新241 (ビルド1.8.0.241.-b11)となっているのでバージョンアップができています

 

 

 

 

スポンサーリンク