ディスクのUUID確認(blkidコマンド)

Contents

概要

CentOS 6以降、fstabでパーティションをマウントポジションなど設定する時にUUIDが設定するようになっています。OSをインストール時に自動でUUIDは設定されるので普段は意識しなくても大丈夫ですが、ディスクを増設したときはUUIDの設定が必由な場合はあります。

$ cat /etc/fstab
UUID=xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxx  /                      ext4    defaults        1 1
UUID=xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxx  /boot               ext4    defaults        1 2
UUID=xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxx  /data               ext4     defaults        0 2
UUID=xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxx  swap                swap   defaults        0 0

その際には、「blkid」コマンドで確認できます
# blkid 
/dev/vda1: LABEL="/boot" UUID="xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxx" TYPE="ext4" 
/dev/vda3: LABEL="/" UUID="xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxx" TYPE="ext4" 
/dev/vda2: LABEL="SWAP-vda2" UUID="xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxx" TYPE="swap" 
/dev/vda4: UUID="xxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxx" TYPE="ext4"

 

スポンサーリンク