vim エディターでカラー表示

macOSのvimエディターでカラー表示

macOSでCUI環境で使用する「vim」エディターでHTMLやプログラムのコードをカラー表示して見やすくする方法を紹介します

一時的にカラー表示する「vimエディター」

vimエディターでHTMLファイルを等を開いた時に、ソースコードがカラー表示されていない場合は、下記のようにカラー表示されずに白黒のままです

この場合は、「:」を押してコマンドモードして「syntax on」とすれば、カラー表示になります

: syntax on

カラー表示を辞める場合は、「:」を押してコマンドモードして「syntax off」とすれば、カラー表示を辞める事ができます
: syntax on

恒久的にカラー表示する「vimエディター」

一時的ではなく、常にカラー表示でvimエディターを開くには、vimの設定ファイル(~/.vimrc)を作りその設定内で「syntax on」と明示的に設定すれば、常にカラー表示されます

# 表示の設定ファイルを、個人用の設定ファイルにコピーします
$  cp /usr/share/vim/vimrc ~/.vimrc

#  vimの設定ファイルを開き、「syntax on」を追記します
$ vim  ~/.vimrc
syntax on

 

 

スポンサーリンク