macOSにHomebrewをインストールする

Homebrewとは

Homebrewは、macOSにアプリケーション、ソフトウェア、ライブラリをインストールするパッケージ管理システムです。Linux系でいれば「yum」、「apt-get」などのパッケージ管理システムと同様なものです。

このHomebrewをインストールするために必要なアプリケーションが「Xcode」、「Xcodeコマンドライン」が必要になります。

x-dode をmacOSにインストールする

x-codeは、App Storeよりインストールできますので、App Storeからインストールします。

1.App Storeを開いて「Xcode」を検索します

2.「Xcode」を選択して、Xcodeの画面にしてから「入手」を選択します

3.ダウンロードが開始されますので、完了するまで待ちます

4.ダウンロードが終了すると「開く」をクリックしてインストラーを起動します

5.インストールの確認画面になるので「Agree」を選択します

6.管理者パスワードを入力されるので管理者パスワードを入力します

7.インストールが開始されますので、スクロールが最後までいくと自動でインストールが終了します

Xcodeコマンドラインがインストールされているか確認する

私の環境では、App Store経由でXcodeをインストールされると自動でXcodeコマンドラインがインストールされました。インストールされているかの確認は以下の通りです

1.Xcodeを起動します

2.メニューより「Preferences…」を選択します

3.メニューの一番右の「Locations」を選択しるとLocationsの画面になりますので、「Command Line Tools」がインストールしたxcodeのバージョンになっていればコマンドラインツールはインストールされています

Homebrewをインストールします

Homebrewのインストール方法は、「Homebrew公式サイト」にあるコマンドをターミナルで入力すればインストールされます

インストールの確認は、「brew doctor」と入力するとインストールされたいるか確認できまます

brew自体のアップデートは「brew update」 でアップデートできます

インストールしているアプリ及びbrew自体のアップデートの場合は「brew upgrade」と入力します

アプリのインストール方法は「brew install(アプリケーション名)」です

 

スポンサーリンク

MacmacOS

Posted by admin