ゲストOS のNIC を追加すると eth0.bak ができてしまう時に対処

2017-01-04

概要

ゲストOS のNIC を追加すると eth0 と eth0.bak が出来てしまいます。
eth0.bak の削除方法をメモ

旧NIC(eth0.bak) の設定を 新NIC(eth0) に反映

変更前の情報(eth0.bak) を、新しいNICカード(eth0)にコピーし、新しいNICカード(eth0)のMACアドレスに変更します

(1)新しいNICカード(eth0) のMACアドレス(HWADDR)の行をメモします

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0|grep HWADDR
HWADDR=08:00:xx:xx:xx:xx

(2)変更前の情報(eth0.bak) を、新しいNICカード(eth0)に書き換えます

# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
# mv ifcfg-eth0.bak ifcfg-eth0
mv: `ifcfg-eth0' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? y

先程(手順1)でメモをしたMACアドレスを、新しいNICカード(eth0)に書き換えます

# vi ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
# 下記の行を、手順1でメモをしたMACアドレスに変更
HWADDR=08:00:xx:xx:xx:xx
NETMASK=255.255.255.0
IPADDR=192.168.0.200
GATEWAY=192.168.0.1
TYPE=Ethernet

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0へ上書き

旧NIC(eth0.bak) のデバイスの削除

NICカードの情報を書き換えて、network を restart すれば設定は反映しますが、/etc/sysconfig/networking/devices/ に ifcfg-eth0.bak のファイルがあるのでこちらも削除します

# cd /etc/sysconfig/networking/devices/
[root@ldap2 devices]# ll
合計 12
-rw-r--r-- 2 root root 196 6月 20 10:37 ifcfg-eth0
-rw-r--r-- 3 root root 198 6月 20 10:49 ifcfg-eth0.bak
[root@ldap2 devices]# rm ifcfg-eth0.bak
rm: remove 通常ファイル `ifcfg-eth0.bak'? y

削除できたら、network を再起動します

# /etc/init.d/network restart
インターフェース eth0 を終了中: [ OK ]
ループバックインターフェースを終了中 [ OK ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中 [ OK ]
インターフェース eth0 を活性化中: [ OK ]

スポンサーリンク