ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

ストレージ最適化を無効にする方法(macOS Sierra)

    この記事は約4分で読むことができます。

ストレージ最適化について(OptimizedStorage)

MacOSをSierraにアップデートすると、「Mac本体のストレージを最適化する新機能」追加されています。この機能は、あまり利用しないファイルを自動的にiCloudに保存して、ローカルのストレージには残さないようにして、ローカルPCのストレージの容量を確保する機能です。

機能的には魅力ですが、勝手にiCloudに保存しているデータをアップロードされるのは嫌だし、仕事で使用しているデータでインターネット上にアップロードするとまずいデータもあります。使用されているパソコンでめったに使わないけど、たまに使用する顧客情報・個人情報のファイルがあるってケースもあります。これをiCloudを保存されるには抵抗が有る方もいると思います。

渡しの場合も、個人情報関係と仕事関係で気密性の高いデータは、iCloudにアップロードしてほしくないので無効にしています。

ストレージ最適化を無効にする

OptimizedStorageを無効にするには、「このMacについて」→「ストレージ」→「管理」で設定できますが、この機能を無効にするには各アプリと連携してるので、各アプリの設定で無効にする必要があります

ストレージの最適化

ストレージの最適化

無効にする機能 連携しているアプリ
iCloudに保存 iCloud Drive, 写真
ストレージを最適化 iTunes
ゴミ箱を自動的に空にする Finder

iCloudに保存を無効にする

「iCloudに保存」機能はiCloud Driveと写真(Photo)アプリが連動していますので、各アプリでその機能を無効にする必要があります

iCloud Driveでは、「Macストレージを最適化」をOffにします。

(1)システム環境設定で、「iCloud」を開きます
(2)「iCloud Drive」のオプションを選択します
Macストレージを最適化を無効

(3)画面下部の「Macストレージを最適化」のチェックボックスをOffにして完了をクリックします

ic02

写真アプリでも「Macストレージを最適化」の選択を解除する必要があります。この設定は「iCloudフォトライブラリ」自体の機能をOffにしてもOKです。
iCloudフォトライブラリを利用したい場合は「Macストレージを最適化」のみチェックを外します

(1)写真アプリを起動します
(2)メニューバーより「写真」→「環境設定」を選択します
(3)「iCloudフォトライブラリ」内の「Macストレージを最適化」のみチェックを外します
※「iCloudフォトライブラリ」の機能を使用しない場合は、「iCloudフォトライブラリ」のチェックを外します

iCloudフォトライブラリ

ストレージの最適化を無効にする

「ストレージを最適化」機能はiTunesと連動しています。視聴したムービーやテレビ番組を自動的に削除されますので、その機能(視聴済のムービーとテレビ番組を自動的に削除)をOffにします

(1) iTunesを起動します
(2)メニューバーより「iTunes」→「環境設定」を選択します(3)詳細環境設定が表示されますので、「詳細」を選択します
(4)「視聴済のムービーとテレビ番組を自動的に削除」をOFFして「OK」を選択します

Macストレージを最適化

ゴミ箱を自動的に空にする

「ゴミ箱を自動的に空にする」機能はFinderアプリと連動しています。ゴミ箱内の30日を経過したファイル・ディレクトリを削除する「30日後にゴミ箱から項目を削除」オプションをOFFにします。

(1)Finderを起動します
(2)メニューバーより「Finder」→「環境設定」を選択します
(3)詳細環境設定が表示されますので、「詳細」を選択します
(4)「30日後にゴミ箱から項目を削除」のチェックボックスのチェックを外します

ストレージの最適化を無効にする

 

ストレージの最適化(OptimizedStorage)に関連する項目を無効にする方法を記載していますが、お好みの環境で、有効無効にする項目も選べます。筆者は自分で管理したいので全て無効にしています

 - Mac