ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

Windows Anniversary Update で確認されている不具合について

      2016/08/09 この記事は約2分で読むことができます。

Windows Anniversary Updateのアップデートしました

先日、Windows Anniversary Updateがリリースしたので、早速アップデートしました。アップデートは時間かかりましたが無事にアップデートできました。少しさわった感じではおおきな不具合が無いように思えましが、おおきな問題がありました

Windows Anniversary Updateで確認されている不具合

今(2016/08/07)現在で確認されている、Windows Anniversary Update関係の不具合ですが以下があります。

  1. OSの設定が全てリセットされる
  2. フォントなどのカスタマイズした設定が、全てリセットされてる
  3. 署名無しドライバは削除される(再インストールは可能)
  4. 「回復パーティーション」が勝手にシステムドライブ内に作られる
  5. 高速スタートアップをオフにしているPCでも、強制的にONに戻される

筆者の場合は、4,5の不具合が確認されました。
「回復パーティーション」が勝手に作成されるのは大きな影響がありませんでしたが、高速スタートアップをオフにしてたのが、Onにされた影響で外付けUSB-HDが壊れました

win10a_01

初期化しないとだめになりました。バックアップ用途だったので、おおきな影響がありませんが、データが全て消えたのでショックは大きいです



 - Windows10