ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

ネット環境を改善にGoogleパブリックDNSに変更する

    この記事は約2分で読むことができます。

タイムアウト・ネット遅延対策でGoogleパブリックDNSに変更する

最近、ネット環境は遅くなってタイムアウトしたり「サーバーが見つかりませんでした」と表示される機会が多くなってきたのでプロバイダのDNSから違うGoogleパブリックDNSに変更してみました

Google Public DNS のIPアドレスは、Google Public DNSにも記載されていますが下記のアドレスがDNSサーバのIPです

【IPv4】

  • 8.8.8.8
  • 8.8.4.4

【IPv6】

  • 2001:4860:4860::8888
  • 2001:4860:4860::8844

DNSサーバーをGoogleパブリックDNSに変更する(Windows10)

Windows10でDNSサーバーを変更する手順を紹介します。今回はGoogleパブリックDNSの変更する方法を紹介します。

1.「コントロールパネル」を開きます
2.「ネットワークとインターネット」内の「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします
3.「ネットワークと共有センター」が開きますので「イーサネット」をクリックします

 

 

4.イーサネットの状態が表示されますので、「プロパティ」を選択します

5.「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」 を選択し、「プロパティ」 を選択します

6.「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択して、優先DNSサーバー「8.8.8.8」と入力し、代替えDNSサーバーに「8.8.4.4」を入力します

 

 

DNSサーバーをGoogleパブリックDNSに変更する(MacOS)

MacOSでDNSサーバーを変更する手順を紹介します。今回はGoogleパブリックDNSの変更する方法を紹介します。

1.「システム環境設定」を起動します
2.「ネットワーク」を選択します

3.ネット接続で使用してい接続環境、このPCの場合は「Wi-Fi」を選択して「詳細」を選択します

4.DNSのタブを選択して、「+」を選択して、DNSサーバ「8.8.8.8」と入力します

5,設定を変更したら「OK」をクリックします



 - Mac, Windows10 , , , , ,