Windows10でチャットワークのログを無料に保存する

WindowsでChatWorkのログを無料で保存する方法

前回の記事(macOSでチャットワークのログを無料に保存する)でmacOSの場合でのチャットワークのログ保存の方法を紹介しました。今回はWindowsでの保存方法を紹介します。

WindowsではRubyはインストールされていませんので、まずはRubyをインストールします。その後はコマンドプロンプトでコマンドを叩いてチャットワークのログをエクスポートします

WindowsのRubyをインストール

Windows版のRubyは、RubyInstaller for Windows のWEBページよりダウンロードできます。
サイトにアクセスして「Download」をクリックして、下記の「RubyInstallers 」でWindowsインストラーをダウンロードします。最新版の方が上にありますので安定版か最新版をダウンロードします

インストーラーをダウンロードしたらインストーラーを起動してインストールを進めます。
基本は次へ次へでOKですが、途中でオプション画面になります。
画像では英語表記となっていますが、「Ruby の実行ファイルへ環境変数 PATH を設定する」と「.rb と .rbw ファイルをRubyに関連づける」にチェックを入れます

無事インストールが終了すると「Ruby セットアップウィザードの完了」が表示されます。

googbye_chatwork のインストール(Windows)

googbye_chatwork のインストール作業はコマンドプロンプトを使うので、下記の手順などでコマンドプロンプトを起動します

「Windowsキー」 → 「スタート」 → 「すべてのプログラム」 → 「アクセサリ」 → 「コマンドプロンプト」の順にクリックします

コマンドプロンプトを起動して下記コマンドで「goodbye_chatwork」インストールします

gem install goodbye_chatwork

「goodbye_chatwork」で現在参加しているチャットワークのチャットルーム一覧を表示する

書式:goodbye_chatwork -i メールアドレス -p パスワード

> goodbye_chatwork -i test@example.com -p pass1234
 
2018-03-19T14:37:52+09:00 login as test@example.com ...
2018-03-19T14:37:52+09:00 load initial data...
403XXXX 開発チャットルーム
403XXXX 運用チャットルーム
403XXXX 構築チャットルーム

 

添付ファイルを含めて保存したい場合のコマンド
書式:goodbye_chatwork -i メールアドレス -p パスワード -x 部屋ID

ログのみ保存したい場合のコマンド
書式:goodbye_chatwork -i メールアドレス -p パスワード -e 部屋ID

添付ファイルを含めて保存してエクスポートする
> sudo goodbye_chatwork -i test@example.com -p pass1234 -x 4099999
ログのみエクスポートする
> sudo goodbye_chatwork -i test@example.com -p pass1234 -x 4099999

 

スポンサーリンク