ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

CentOS ハードウェア情報の取得

    この記事は約2分で読むことができます。

概要

他のディストリビューションでも使用できると思いますが、LinuxのCentOSでCPUやメモリ等のハードウェア情報を取得したい場合に使用するコマンドを紹介します

CPU情報 取得

CPU情報を取得するには「/proc/cpuinfo」を参照すれば確認できます

メモリ情報 取得

CPU情報を取得するには「/proc/meminfo」を参照すれば確認できます。また「free」コマンドでもメモリの容量などの項目は確認できます

ストレージ情報 取得

ハードディスク、SSD、光学ドライブ等の情報を取得するには、「/proc/scsi/scsi」や「smartctl」コマンドで確認できます

ハードディスク等の型番を確認したいなら、「/proc/scsi/scsi」を参照しても良いですが、「smartctl -a /dev/sda | grep "Device Model"」とコマンドを打てば確認できます。

容量確認は、マウントしていれば「df」などでも確認できますが、「smartctl -a /dev/sda | grep "User Capacity"」とコマンドを打てば確認できます。

BIOS等の情報取得

BISOなどの情報取得には、「dmidecode」コマンドを利用します。BIOSのバージョンやシステムボード等の情報を取得できます

・tオプションで指定可能なタイプが確認できます

・システム情報を表示

型番を調べる

メーカーの型番を調べるには「dmidecode | grep "Product Name"」をコマンドすれば調べられます。DELLならR300とかの型番です

 

シリアル番号を調べる

サポートに問い合わせや修理時に必要な、サーバーのシリアル番号を調べたい場合は「dmidecode | grep "Serial Number"」をコマンドすれば調べられます

 - Linux ,