Samba構築

2016-12-01

Samba構築インストール

(1)yum でインストールする

yum -y install samba

Samba設定ファイル編集

(1)設定ファイルをバックアップ

# cp -p /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.org

(2)設定ファイルを編集

# cd /etc/samba/
# vi smb.conf

# Windowsのワークグループ名を指定
workgroup = MYGROUP

# NetBIOS名 を記載
netbios name = Samba Server

# ローカル及び内部ネットワーク追加
hosts allow = 127. 192.168.24

# ログファイルを出力
log file = /var/log/samba/%m.log

# ログサイズを指定
max log size = 50

# プリンタ共有を無効化
load printers = no

# コメントアウトを外して[public]を有効化
[public]
comment = Public Stuff
path = /home/samba
public = yes
writable = yes
printable = no
write list = +staff

(3)public(共有) でアクセス用のディレクトリを作成

# mkdir /home/samba

(4)パーミッションを変更

chown nobody:nobody /home/samba

(5)Sambaユーザー追加

Samba用の test-user を追加

# pdbedit -a yabe

Samba起動

(1)構文チェック

# testparm
Load smb config files from /etc/samba/smb.conf
Processing section "[homes]"
Processing section "[printers]"
Processing section "[public]"
Loaded services file OK.
Server role: ROLE_STANDALONE
Press enter to see a dump of your service definitions
↑ Enter を押すとsmb.conf の内容が表示されます

(2)Sambaの起動

# /etc/init.d/smb start
SMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]
NMB サービスを起動中:                                      [  OK  ]

(3)自動起動を設定

# chkconfig smb on

(4)自動起動を確認

chkconfig --list smb
smb             0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

スポンサーリンク