CentOS 8.4 互換の 「MIRACLE LINUX 8.4」リリース

MIRACLE LINUX について

国産のLinuxディストリビューションを20年以上手がけているサイバートラストは、CentOS 8とのバイナリ互換のLinux OS「MIRACLE LINUX 8.4」を、無償ライセンスで公開するようです。

CentOS 8 が、2021年12月31日にサポート終了となり、「AlmaLinux」や「RockyLinux」等の移行も視野に入れていましたが、日本企業が開発される RHEL クローンがリリースされることは嬉しいです

MIRACLE LINUX を選択する理由

  • Red Hat 社より早く、2000 年に企業向け Linux ディストリビューション “MIRACLE LINUX v1.0"
  • リリース
  • 国産ディストリビューションとして 21 年、RHEL® クローンとして 18 年の開発・販売・保守の実績
  • 長期サポート及び、一部カスタマイズを伴う産業領域の専用装置向け Linux サーバーとしてシェア 57% 出典:ミック経済研究所「産業用 PC における Linux 市場の実態」レポート)

MIRACLE LINUX 8.4 とは

  • サイバートラストが開発した RHEL®クローン
  • ISO / Base / Update を無償でリポジトリ公開
  • PowerTools, HA 等の追加リポジトリ公開(無償・後日予定)
  • サイバートラストが直接サポート(有償サポートは任意)
  • CentOS 8 から MIRACLE LINUX 8 への移行ツールを提供
  • EPEL, Remi 等の有名リポジトリの動作確認
  • 偶数マイナーリリース ISO を RHEL® リリース後 2 か月 公開
  • Update パッケージを RHEL® リリース後 数日~ 1 週間 公開

 

スポンサーリンク

LinuxCentOS 8

Posted by admin