監視ツール NetDataインストール

リアルタイムでパフォーマンスがモニタリングできる「NetData」をインストールしてみます。インストールしてダッシュボードにアクセスすると下記のようにサーバーの状況を視覚化できます

インストール方法は至って簡単で下記のコマンドでインストールできます。

# bash <(curl -Ss https://my-netdata.io/kickstart-static64.sh)

インストール後は、サービスを起動及び自動起動を設定します
# サービスを起動します
# systemctl start netdata

# 自動起動を設定します
# systemctl enable netdata

 

ブラウザで「http://サーバのアドレス:19999/ 」ポートにアクセスします。
ブラウザでアクセスできない場合はF/Wで弾かれている場合はありますので、その場合はF/Wで19999ポートの許可する設定をおこないます

他にもメモリグラフやネットワーク状態など各種情報が表示されます

 

 

スポンサーリンク

LinuxCentOS 7

Posted by admin