muninをNginx + CentOS 7 でインストール

概要

Lightsailで運用しているCentOS 7に、muninをインストールします。
NginxをWEBサーバーを構築済みとしており、ドメインは「munin.example.com」として手順を作成しています。Nginxのインストール手順は構築済みでインストール手順は省きます

muninをyumよりインストール

epelのレポジトリからインストールからmuninをインストールします。

# EPELをインストールします
$ sudo yum install epel-release

# EPELのレポジトリを有効にしてmunin, munin-nginxをインストールします
$ sudo yum --enablerepo=epel install munin munin-nginx

munin.confの設定

「/etc/munin/munin.conf」の設定をおこないます

# コメントアウトを外します
$ sudo vi /etc/munin/munin.conf
dbdir   /var/lib/munin
htmldir /var/www/vhosts/munin.example.com/
logdir /var/log/munin
rundir  /var/run/munin

Nginxの設定

Munin用のバーチャルドメイン「munin.example.com」の設定をNginxにします

# バーチャルドメインの設定をおこないます
$ sudo vim /etc/nginx/conf.d/vhosts.conf
server {
    listen 80;
    server_name munin.example.com;
    root /var/www/vhosts/munin.example.com/;
    index index.html;    
}

# Nginxのステータスを取得できるように設定します
$ sudo vi /etc/nginx/conf.d/default.conf
server {

    listen 80;
    location /nginx_status {
        stub_status on;
        access_log off;
    }

Nginxの設定をおこなうとNginxを再起動とMuninをサービスを起動します
# nginxを起動します
$ sudo systemctl restart nginx.service

# muninの自動起動とサービスを起動します
$ sudo systemctl start munin-node.service
$ sudo systemctl enable munin-node.service

muninでNginxのシンボリックリンク作成

MuninでNginxのステータス状況等が見れる「nginx_status」と「nginx_request」のシンボリックリンクを貼ります

$ sudo cd /usr/share/munin/plugins
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/nginx_status /etc/munin/plugins/nginx_status
$ sudo ln -s /usr/share/munin/plugins/nginx_request /etc/munin/plugins/nginx_request

5分ほど経過してから、ブラウザで「munin.example.com」にアクセスします

スポンサーリンク