エラーCentOS 7で「systemd: Unit kdump.service entered failed state」の

KAGOYA CLOUDのVPSでkdumpエラー

KAGOYA CLOUDのVPSサーバーで、突然、再起動がかかり起動時に「systemd: Unit kdump.service entered failed state」のエラーが出力されていました。起動自体はすんなり起動しているようだったのです。

kdumpのステータスをみると下記のステータスとなり、起動していません

# systemctl status kdump.service
● kdump.service - Crash recovery kernel arming
  Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/kdump.service; disabled; vendor preset: enabled)
  Active: failed (Result: exit-code) since 木 2017-09-14 08:53:09 JST; 1h 1min ago
Main PID: 1158 (code=exited, status=1/FAILURE)

9月 14 08:53:08 vxxxx.vir.kagoya.net systemd[1]: Starting Crash recovery kernel arming...
9月 14 08:53:09 vxxxx.vir.kagoya.net kdumpctl[1158]: Kdump is not supported on this kernel
9月 14 08:53:09 vxxxx.vir.kagoya.net kdumpctl[1158]: Starting kdump: [FAILED]
9月 14 08:53:09 vxxxx.vir.kagoya.net systemd[1]: kdump.service: main process exited, code=exited, status=1/FAILURE
9月 14 08:53:09 vxxxx.vir.kagoya.net systemd[1]: Failed to start Crash recovery kernel arming.
9月 14 08:53:09 vxxxx.vir.kagoya.net systemd[1]: Unit kdump.service entered failed state.
9月 14 08:53:09 vxxxx.vir.kagoya.net systemd[1]: kdump.service failed.

起動時のエラーでは下記のようななっています。
# cat /var/log/messages|grep kdump
Sep 14 08:53:09 vxxxx kdumpctl: Kdump is not supported on this kernel
Sep 14 08:53:09 vxxxx kdumpctl: Starting kdump: [FAILED]
Sep 14 08:53:09 vxxxx systemd: kdump.service: main process exited, code=exited, status=1/FAILURE
Sep 14 08:53:09 vxxxx systemd: Unit kdump.service entered failed state.
Sep 14 08:53:09 vxxxx systemd: kdump.service failed.

ネットで調べるとメモリ少ない場合でkdumpを使用する場合、下記のようなエラー「No memory reserved for crash kernel.」でkdump が起動しない場合があるようです。
kdumpctl: No memory reserved for crash kernel.

kdumpのメモリですが「Red Hat Enterprise Linux 7 カーネルクラッシュダンプガイド」の資料で確認すると、AMD64 とIntel 64 (x86_64)では、最小メモリは2G となります。
エラーが上がったサーバのプランでは、最大メモリ2G、保証メモリ1GとなっていてOSからは2Gとしてみえているので、上記のメモリ問題とは直接的には関係ないかも知れません。

Kdumpのエラー対策として、サービス停止する

そもそもエラーがあがったkdumpは、Linux Kernelクラッシュ時にダンプを取得するツールです。業務用のサーバだとダンプの結果をメーカーに提出したりするケースはありましたが、個人用途だと、そのようにダンプの結果を見ることやメーカーに提出することもなかったので、kdumpのエラー対策として不十分ですが、原因を詳しく調べるよりもkdumpサービスを停止した方が手っ取り早いので、kdumpサービスを停止する方法で対策をしました。

kdumpを停止
# systemctl disable kdump.service

 

スポンサーリンク

LinuxCentOS 6

Posted by admin