Dovecotで「dovecot: pop3-login: Disconnected 」でメール接続できない

メール接続時のエラー(dovecot: pop3-login: Disconnected)の原因

CentOS5からCentOS6に移行してDovecot 1.x から Dovecot 2.xに変更になりました。私のメールクライアントは「Thunderbird」で接続時にSSL関係の警告がでましたが、メールの送受信はできたのですが、お客様の「Outlook」ではエラーとなり接続できないとの連絡が、メールログをみると接続に失敗したら以下のエラーとなっています

# tail /var/log/maillog
Jan 03 14:56:52 mailsv01 dovecot: pop3-login: Disconnected (tried to use disabled plaintext auth): rip=xxx.xxx.xxx.xxx, lip=xxx.xxx.xxx.xxx

調べてみると、Dovecot 2.xの認証の設定ですが、plaintextでの認証はデフォルトでは許可しない設定になっているので、接続できずエラーとなるみたいです。

メール接続時のエラー(dovecot: pop3-login: Disconnected)の対策

SSLでの認証は署名書の費用を考えて導入しない事になっているので、plaintextでの認証を許可すれば接続できるようになります。

10-auth.confの設定ファイル内の「disable_plaintext_auth」の値をYesからNoに変更すればOKです

# vim /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

disable_plaintext_auth = yes
# 「Yes」から「No」に変更
disable_plaintext_auth = no

修正後、dovecotの再起動をして設定ファイルを読み直せば、「Outlook」ではエラーとなり接続できましたとの報告を受けました

スポンサーリンク

LinuxCentOS 6

Posted by admin