パスワード付きのZIPファイルの作成方法 | macOS

macOSでパスワード付きのZIPファイルを作る

macOSアーカイブソフトを使用してないで、ZIPファイルにパスワードを作る方法を紹介します。パスワード付きのZIPファイルを作成する場合は、事前に「パスワードなしのZIPファイル」が必要です

パスワード付きのZIPファイルを作成方法

まずは事前に「パスワードなしのZIPファイル」して下さい。その後ターミナルを起動して「zipcloak」と入力します。その後、「パスワードなしのZIPファイル」をドラッグ&ドロップしてパスワードを入力すれば完成です。

(1)「パスワードなしのZIPファイル」を用意します

(2)ターミナルを起動して「zipcloak 」と入力します

(3)「パスワードなしのZIPファイル」をターミナルにドラッグ&ドロップします

zipファイルパスワード作成

(4)ドラッグ&ドロップすると、ファイルのパス名が表示され「$ zipcloak <パスワードなしのZIPファイルのパス>」になるのでエンターキーを押します。

※zipcloak と パスワードなしのZIPファイルのパスの間は、半角の空白がないと駄目ですので注意して下さい

zipファイルパスワード作成

(5)パスワードを入力して、再度パスワードを入力すれば、パスワード付きのZIPファイルが作成されます

zipファイルパスワード作成

ターミナルのみでパスワード付きのZIPファイルを作成方法

ドラッグ&ドロップを使用しないで、ターミナルのみでもZIPファイルにパスワードを設定できますのでその方法も紹介します。
ドロップ&ドロップの代わりにパスワード無しのZIPファイルのパスを指定すると、ターミナルのみパスワード付きのZIPファイルが作成できます

# ZIPファイルが有るディレクトに移動します。この場合はデスクトップに置きました
$ cd Desktop/
$ ls
test.zip

# zipcloak <ファイル名>と入力して、パスワードを2回入力します
# この入力が、ドラッグ&ドロップの代わりになります
$ zipcloak test.zip
Enter password:
Verify password:
encrypting: test001.jpg
zipcloak warning: Local Entry CRC does not match CD: test001.jpg
encrypting: __MACOSX/
encrypting: __MACOSX/._test001.jpg
zipcloak warning: Local Entry CRC does not match CD: __MACOSX/._test001.jpg

 

スポンサーリンク