ex1-lab

Linux, CentOS, Mac OS X, Windows, 仮想化, Apache等のLinux中心に気になることをメモがわりに・・・

Windows10 システムバックアップ作成 「EaseUS Todo Backup Free」

      2016/06/15 この記事は約3分で読むことができます。

Windows10 をインストールしているパソコンは、SSD*2のRAID0で構成されています。DISKの空きを少なくなってきたので、SSDを1本購入して、SSD 128GB*3台のRAID0に構築し直しました。

その際ですが、EaseUS Todo Backup Freeを利用してシステムイメージを作り復元作業をおこないました。

EaseUS Todo Backupについて

EaseUS Todo Backup Freeはフリーでパーミッション・システムのイメージを作り復元できるソフトです。対応OSは64bit版を含むWindows XP/Vista/7/8/8.1/10です。

詳しくは、以下のURLで機能が確認できます。ダウンロードも同じく下記のHP内からおこなえます。

http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

tbk01

システムバックアップ作成

ソフトのインストール方法はウィザードに沿って進めばインストールできますので、説明は省略します。

1. まずは、EaseUS Todo Backup Freeを起動します

2. 画面上部の「システムバックアップ」をクリックします

ssd_bk01

3. バックアップするのシステム(Windows10)を選択して、バックアップの保存先になるターゲットを選択しプラン名を選択し「実行」をクリックします

ssd_bk02

4. システムバックアップが開始されます。バックアップ先はシステムが保存されているハードディスクとは別の場所に保存します

ssd_bk03

起動DISK

バックアップを復元する際に使用する起動用のブータブルディスクを作成します。今回はDVDを利用して作成します

1. まずは、EaseUS Todo Backup Freeを起動します

2. 画面上部の「ツール」→「ブータブルディスクの作成」をクリックします

ssd_bk11

3. WinPEブータブルディスクを作成しますので、こちらをクリックしてくださいを選択します

ssd_bk12

4. Microsoftからダウンロードを選択して、「実行」をクリックします

ssd_bk14

5. あとは自動的にダウンロードが開始されブータブルディスクが作成されます

ssd_bk15

復元方法

システムバックアップの復元は、先ほど作成したブータブルディスクからバックアップソフトを起動し復元します。復元方法は画面キャプチャが取れなかったの省略させて頂きます

私の環境のRAID構成では、EaseUS Todo Backup FreeのブータブルディスクではRAIDドライブが認識しなかったので、Windows10のシステム復元を利用してシステムイメージを作成し、復元する方法を実施しました

 

 



 - Windows10